日記

2021年9月14日(火)
【善因善果悪因悪果について 今日は話しましたね】
『善因善果(ぜんいん・ぜんか)』という言葉。“良い行いをすれば、それが元となって、必ず良い報いがある”という意味です。
日々の生活のなかで、思うようにいかないことってありますよネ。そんなときに思い出して頂きたい言葉です。

この『善因善果』の反対語が『悪因悪果(あくいん・あっか)』。
意味は“悪い行いが原因となって、悪い結果になること”です。この『善因善果』も『悪因悪果』も仏教の言葉です。

自分が人や行動が 良い事で有れば
良い事をされて 自分に返ってきて

逆に悪い事をしたら 悪い結果になるってことを意味して

悪口とか言ってる人には 必ず自分も
言われてるし 
誰かに優しく接したら 自分にも優しくされると言うはなしです

殺人などを犯した人は 生まれ変わると
自分が逆に殺される側になるとも
言われてますね  
罪障が有れば けして 次に生まれてきても 良い人生にはならないと


9/14^20:30
[コメントする]
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++